Documentum

OpenText Documentum for Life Sciences

拡大されたライフサイエンス企業全体のプロセスを統一し、シームレスに情報を共有する

お問い合わせ

概要

OpenText Documentum for Life Sciencesで生産性とガバナンスを向上

OpenText™ Documentum™ for Life Sciencesは、包括的な専用ソリューションのセットであり、組織が規制対象コンテンツにアクセス、管理、共有する方法を変革します。Documentum for Life Sciencesは、政府機関のガイダンスと業界のリーディングプラクティスを活用し、情報サイロを解消して複雑さを軽減するとともに、プロセスの統一と合理化を実現します。

OpenText Documentum for Life Sciencesがビジネスにもたらすメリット

Documentum for Life Sciencesを活用するメリットをご紹介します。

  • クラウドネイティブソフトウェアに適応する

    コンテナ化されたアーキテクチャを活用して、オンプレミス、ハイブリッド環境、クラウドを問わず、簡単にアップグレードし、新機能や更新にアクセスすることができます。

  • 規制関連コンテンツの唯一の情報源を展開する

    複数のソリューションモジュールを1つのリポジトリで使用し、ドメイン間で横断的な検索や連携を行うことで、システム間の不要なインポートやエクスポートを排除することができます。

  • コンプライアンス違反のリスクを低減する

    監査証跡、ライフサイクル管理、アクセス管理、バージョン管理、自動割り当てによる承認プロセスの実施により、FDA 21 CFR Part 11に準拠していることを証明します。

  • 生産性を向上させる

    医薬品・医療機器の文書分類、ライフサイクル、ワークフローに関する業界標準のビジネスプロセスを活用し、企業の文書管理を強化するとともに、現地の生産性を向上させます。

  • コンプライアンスとセキュアなコラボレーションを促進する

    セキュリティやコンプライアンスを損なうことなく、社内や遠隔地の従業員、認定パートナー、その他の第三者とコンテンツやプロセスのコラボレーションや再利用を行うことができます。

  • 連携の簡素化

    品質管理、学習管理、エンタープライズリソースプランニングシステムなど、既存のインフラ、オンプレミスシステム、あらゆるクラウドと連携します。